お焚きあげ

照谷寺のお焚きあげ人形供養。お札、お守り、人形、ぬいぐるみ、遺品供養、思い出供養致します

お焚き上げとは?
古いお札や塔婆・お守り、持ち物を魂を抜き浄火をもって供養することです。古いお札やお守りをずっと手元に置いてある方もいらっしゃると思います。どうやって戻したらよいかわからない方もいます。物には念が入ります。念(魂)を抜き去り浄火(燃やす)ことにより供養致します。当寺院では、檀家の方々がお札などをお持ち頂く他、一般の方々からもお焚き上げの依頼をお受けしております。お札やお守りに感謝し、しっかりとお焚き上げすることによって引き続き新しいお札やお守りに護られることができます。お札やお守りの他、人形供養、遺品供養なども致しますのでご相談下さい。

菩提寺がある方は毎年お札などをもらうこともあると思います。毎年12月にお焚き上げとしてその年のお札やお守り塔婆など、魂を抜き浄火(燃やす)致します。(人形供養はお申込み後にお焚きあげ致します)おそらく中には、どこか旅行で行った際に、神社仏閣でお守りやお札を購入しそのままお持ちになっている方々も多く いらっしゃるのではないでしょうか?お札やお守りを、そのままゴミ箱に捨てるなんてことは気分的にもできませんよね。それではどのようにお札やお守りをお返し戻すのでしょうか。

基本的には、お札やお守りを購入した場所(いただいた場所)にお戻しそこでお焚き上げをしてもらうというのが正しいと思われます。しかし、それがご遠方の場合だったらわざわざそこまで行くのが大変です。菩提寺があれば、菩提寺に持っていき住職にお願いしお焚き上げをしてもらうことをおすすめ致します。それでは、菩提寺がない方や、あまり神社仏閣にご縁がない方はどうすればいいのでしょうか?このような相談を受けることが多いため照谷寺では、檀家以外の方のお焚き上げも承っております。

茨城県人形供養、お焚きあげ、取手市のお焚きあげ人形供養


古いお札やお守りがまだ手元にある方はしっかりと浄火する必要があります。(そのお札や御守りによって、守られたことに感謝する) お札やお守りを頂く時は、ご利益ご加護がありますように、災いが 起こらないようにと大切にしていても、時間と共にそのありがたみが 薄れてしまっていませんか?お護り頂いたものですからしっかりと 魂を抜いて浄火し感謝をする必要があるのではないでしょうか。お手元にあるお札やお守りのことでお悩みの方は、ご相談下さい。檀家以外の方でも対応致しております

照谷寺住職は修法師

茨城県お焚きあげ・取手市お焚きあげ

【お焚き上げ供養料・人形供養料】
● お守り・お札・木札・絵馬 お焚き上げ料3,000円(合計5つ以内まで) ※6個以上の場合は一つにつき別途300円となります。
⇒基本的に当山にお持ち頂きます。(随時お申込み)
⇒ご郵送の場合もご相談下さい。(ご郵送希望の場合は、別途ご案内申し上げます)

● 人形供養料10,000円(一式)
⇒各種人形他一式まとめての供養料となります。 (例:雛人形と兜 / 雛人形とぬいぐるみ)
⇒基本的には当山にお持ち頂きます。(随時お申込み)
※本堂前でご供養致します。終了後はお持ち帰りください。
⇒出張人形供養
※量が多くお持込み頂けない場合ご自宅に出張致します。出張供養料として取手市内の場合は 別途3,000円お願いしております。それ以外の地域はご相談下さい。(守谷・我孫子・龍ヶ崎・つくばなど5,000円) ご不明な点につきましてはご遠慮なくご相談・お問合わせ下さい。その他、「仏壇供養(仏壇を処分または移動する場合のご供養)」や位牌供養、遺品供養として生前ご使用していたモノのご供養を致します。

皆様からお預かりした、お札や御守り、その他を毎年12月お焚きあげ供養会にて、ご供養致します。中には、色々な寺院や神社で購入したお守りをたくさんお持ちになる方もいれば、古い御札をお持ちになる方もおり、種類は様々です。一年中、お焚きあげの受付をしております。ご注意ですが、全て当寺院で引き取るわけではございません。不燃物などは、鎮魂後地域指定の流れにもとずきお手続きをご自身でお願いしております。詳細はご相談ください。(人形供養などは随時承っております)

TOPページに戻る